バレエのレッスンでのアラベスクやアチチュードに関する注意

バレエのレッスンでのアラベスクやアチチュードに関する注意をまとめました。

  • 「背中に大きなバルーンを抱えるようなイメージでアチチュードをしてみて」
  • 「アラベスクから下に下ろすときは、もう一度上に引き上げてからおろしなさい」
  • 「それはホウコウが違う!!!」
  • 「軸はこっちのほう、そこだとまたがった位置になる」
  • 「アチチュードは上げてる方の腿を上げてそれをキープしようとするとキープ出来る」
  • 「腕を長く前に伸ばして、そしてボディは前の方に運ぶ」
  • 「アラベスクから足を下ろす時に、皆足を下ろそうと意識しているみたいだけど、そうじゃなくて、お腹を立てるって思うの、そうしたら後ろの足は自然におりてくるから、そう考えた方がいいよ。」
  • 「アラベスクは上にあげようと思っちゃだめだ、足のつま先で触れようとしてみて、後ろに長く引っ張る事で結果としてあがってくる」
  • 「アラベスクを高く上げているように見せるコツはね、下す前にほんの少し上にあげてからおろすの、そうすると、アラベスクが高く上がっているように見えるから」
  • 「男性に足を上げてもらったりとか、ボディを支えてもらったりとか、自分の都合の良い想像をしながらアラベスクをしたらいいわよ。イメージが引っ張ってくれるからそれ大事。」
  • 「表面の筋肉使わない、表面の強い筋肉で固めると身体の中が動かなくなる」
  • 「しっかり視線を定めて、視線定めないと身体が不安で不安定になる」
  • 「力でキープしない、バランスでキープする」
  • 「プレパレーションの時の前足、高く上げすぎない」
  • 「首の後ろ潰れてる、首の後ろ立てて、だけど顎はあがらないように」
  • 「軸足はターンアウト」
  • 「お尻後ろにひかないように、腰をたてる」

バレエの注意まとめ