バレエ用語と日常フランス語のマッチング ~【日常生活で使うフランス語とバレエ用語】~

バレエ用語って、独自の言葉のような気がしますけど、フランスでは日常用語ですよね。
ここではバレエ用語としてではなく、その言葉は日常生活の中ではどのような意味で使われるているのか調べてみました。
提供は、フランス語圏に留学をされていた“ミッフィー”ちゃんからです。

Bonjour で始まる日々からバレエへのヒント

プリエ

折る、たたむ  「ママに、洗濯したものはプリエしていい」,
「それともアイロンかける?」って聞かれました(笑)

フォンデュ

溶けた(形容詞)アイスを食べてたとき、あったかい日だったので、
太陽がアイスをフォンデゥした(他動詞らしい・・・),
洗剤が溶け終わったのを見て、もうフォンデュ・・・。
チーズフォンデュって直訳すると「溶けたチーズ」。。。

フラッペ

ピアノなどを弾く・・・鍵盤をたたく動作のことみたい。
ピアノを触ったら、「フラッ!」って言われたのです。
「フラ?」って思ったら、フラッペって言ってるらしいです。

クッペ

「くぺっ」て言う発音に近いけど、切ると言う意味です。
食事作るの手伝ってた時に登場しましたよ~!パパがにんじんを指差しながら
「くぺ、くぺ!!!!!」って連発してました(笑)

トンベtomber

落とす、落ちるって言う意味。バレエのトンベは、落ちるって言うよりは、
踏み込む、って感じがするけど、tomber の使われ方は・・・
廊下の掲示物を落としたりしてしまうと後ろから先生に「~~~(←フランス語の文章)トンベー!!」とか言われてしまいます。
文の中で使われる場合、活用するのでスペルはtomberではないんですが、聞える音は「トンベ」です。

ルンベラスrenverser

・・・逆さにする、倒す、って言う意味。。
この単語は、フランス語の時間に動詞をピックアップし、原型を書くというレッスンの中から出てきて、  まだ生活の中では聞いてないんですが、「瓶をひっくりかえして・・・」とか、
あんまり美しいイメージはない単語です(泣)
あと、他の意味としては「秩序をくつがえす、規律を破る」なんて言う意味もあるそうです・・・
どんなステップ??って感じですよね。(^^*)

ブリゼ

折れた、折れ線という言う意味。
幼児向けの絵本にジグザグ線が書いてあって、ブリゼってかいてありました。
でも、タルトやパイ生地のこともブリゼっていうみたい。
スーパーマーケットでブリゼって書いてあったもの。

グリッサード

滑るって言う意味の動詞。でも、生活の中で教わったのは・・・「滑り台」です。
今度、レッスンでグリッサードが出てきたら「滑り台」を思いながらやって見てください。

パ・ドゥ・シャ

・・・これは有名だけど「猫のステップ」という事
パが英語のstepで、ドゥは~の、英語で言うofみたいな感じです。
で、シャが猫です。ちなみに犬はシェ(ン)って感じです。
よく聞き取れないんですけどね(困)

pointe

ご承知の通りバレエで言うトゥシューズで立つことです。
英語のpointにあたる単語ですが、仏和を引くと、ちゃんと「トゥシューズで立つ」
って言う意味も載ってるんですよ!!
ちなみに、発音は「ポアント」っていうよりは「プアント」に近いです。
余談ですが、「point」はまったく別の単語で、一切れの・・・みたいな意味です。
ピザⅠピースというのも la pointって言いますから・・・超余談だけど、

パッセpasser

過ぎるって言う意味。英語のpassに当たるんじゃないかしら?
「時が過ぎる」、て言う意味でも、「もっと先まで行って・・・」って言うときにも使えるんですが。
それで、考えたことなんですが、バレエで言うパッセって、
脚を膝のところで三角に曲げるポーズの名前なんじゃなくって、
クッペとかから、その状態を通って、さらに他のことに展開する時の通過点なんじゃないか
、ってことです。パッセが、1つの止まっている状態(つまりポーズ)だとすると、
なんか言葉の意味的にはかなり違っちゃうんですよねぇ・・・
⇒ 2005/10/29 carita さんからこのようなメールを頂きました。
「パッセというのはつま先を持ち上げて、軸足のひざの上を通りすぎる動きの事を指します。
ちなみに、三角の状態で止まるあの形は、ルティレというのが正解のようです。
海外などでは、わりと使い分けられていますが、
日本ではほとんどパッセだけが使われているので、それはそれでいいかと思うのですが・・・。」
caritaさん、有難うございました。
確かに、海外で活躍されていた先生方のレッスンを受けると、
必ず、普段はパッセといわれているポジションを「ルティレ」とおっしゃいます。なるほどですね~。

まめ話

フランス語には促音(はねる音)がはっきり無いそうです・・・
だから、日本では「グリッサード」って言うけど、
あちらで聞く限り「グリサード」に近いし、
「クッペ」も「くぺ」って感じなんですって♪

1番目(序数詞の1)premier(e) プレミエール

パリオペラ座のダンサーの階級の呼び方にはプレミエールダンサー、って言うのがありますよね。
でも、私の周りでは「er」で語尾が終わる動詞のことを「プレミエール グループ」
ってよんでる(フランス語の授業内での話)ので、私としてはバレエ用語って言うよりは文法のときによく出てく るなぁ・・・って感じになってきちゃってますけど(苦笑)

エトワールetoile

これは星って言う意味です。比喩的に運勢って言う意味もあるんですど、
新聞とかの「今日の運勢」みたいな欄ではよくお目見えする単語ですねぇ。
でも、もっと一般的に星型のものを見て「エトワール」っていうけど(笑)
バレエやってる人の中にはエトワール目指してる人もいるっていうのに、
元来の意味は、本当に一般的なものですねぇ(笑)

上の二つを使って応用してみましょう!

一番星・・・la premiere etoile du soir

soir は夜、夕方。la はいかにもフランス語、って感じの、定冠詞でございます。
etoileは女性名詞ですから、la が使われます。
この定冠詞やら、わけの分かんない位ある動詞の活用に日々苦しんでる
ミッフィ-ちゃんからでした。。。。。。

その他の情報もお待ちしております!

参考