バレエのレッスンでの体の引上げと立ち方、ターンアウト(アン・ドゥオール)に関する注意

体の引上げと立ち方、ターンアウト(アン・ドゥオール)に関する注意をまとめました。

◆「ボディが厚くならないように、薄くひらべったく感じるようにつかって立ちなさい」

◆「お尻ひいている、体が引きあがってない、真っ直ぐ立っていない!」

◆「もっと引っ張って、首たてて、軸は補足」

◆「上から糸でつるされているようなイメージで、真っ直ぐ立ちなさい」

◆「上手いか下手かはただ立っているだけでもわかる、立ち方からもう違うんだ」

◆「ここに力をまずいれて上にひきあげなさい(下腹部)。
巻き込むように、みぞおちまであげたら、そこから上はもっと力を抜いて、背中を丸めるぐらいで上半身を使いなさい」

◆「センターでたった時のポジションは、右(左)のお客さんからおしりの見えない 位置にね、
お客さんに失礼のないように立つという事ですよ、 つまり角度はきつすぎずゆるすぎずって事ですよ」

◆「斜めの方から、スポットライトを浴びているようなキモチで立ちなさい」(エポールマン)

◆「重心おちてる、無難に楽にやろうとするな、限界でやろうとすれ!!」

◆「足ひらきすぎ、お尻ひいてる、勢いでたつな、肩顎肘でバランスとるな!」

◆「わきの下たてなさい」

◆「そんなに力入ってたら足まわらへん、ターンアウト出来ないよ」

◆「上半身が寂しい、表現しようとしていない動いてない、上半身に意識を向けて使おうとするとすぐに胸が開く、胸の開きを意識すると上半身が固まる」

◆「動きのラインを一本にしようとすると足は勝手に螺旋を描きターンアウトしていくの、それが理想」

◆「両足で何かをしっかり挟むように使えば軸も安定する」

◆「バレエのレッスンはそもそもターンアウトするように作られているわけではない。ターンアウト出来る人が意識してそう動いているだけ。」

参考

バレエの注意禄